時計の針はなぜ右回りなのか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計というアイテムが一般化して久しい昨今。当たり前過ぎて疑問すら持たれない時計のことのひとつに「針が右に回る」というのがあります。 この答えは諸説ありますが、有力な説は、

「日時計の影が右回りだから」

というもの。しかし、この答えでは片手落ちで、ひとつ、条件が絡んできます。

人類初の時計は、陽の動きから時間を知ることができる“日時計”です。太陽の動きは北半球と南半球で地球の自転方向が変わるわけではないので東から昇って西に沈むのはどちらも変わりません。しかし、天地は逆さまになるため、太陽の見える位置は北半球は南方向、南半球は北方向になります。

北半球で日時計を扱う場合、南側から陽の光が射すので北に日時計を向けて扱います。すると日時計から伸びる陰の動きは“右回り”になります。では日時計を南半球で扱うとどうなるでしょうか。南半球では北側に太陽が見えるので、日時計を南に向けて扱います。すると伸びる影は左回りになります。

そして地球上で生まれた文明で先に近代化が進んだのが北半球。同時に北半球で現在の時計の基礎が確立していきました。つまり、北半球での日時計による陰の動きが現在の時計の針の動きの標準となっていったと考えられています。

先の答えに絡んでくる“条件”というのはこのことです。もし、我々人類の過去に北半球ではなく、南半球で時計が現在の形へと進化していったとしたら、時計の針は左回りになっていたのかもしれません。

時計と歴史カテゴリの最新記事

時計のしくみカテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。