クォーツ時計と機械式時計



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人がクォーツ時計を少し勘違いしていると感じることがあります。それは時計の種類のこと。たとえば、「針で時間を示すのがクォーツ時計で、数字で時間を表示するのは、デジタル時計」と呼んでいる人もいたりします。

しかし、これは単に表示方法が違うだけで、アナログ時計とデジタル時計、とするのがこの場合、正しい分類・区別になります。さらに両者の発振(振動を発すること)がクォーツを使用している場合、両者とも同じクォーツ時計となります。

このように、とにもかくにも時計の分類分けのしかたはいろいろありますが、そのなかでもっとも分かり易く、一般的なのは“クォーツ時計”“機械式時計”でしょう。

クォーツ時計の発振は「クォーツ(クリスタル)」、機械式時計の発振は「テンプ」と呼ばれるガンギ車とパレットが使用されています。ちなみにこれを総称して「脱進器」といいます。

さらにクォーツ時計の動力はモーターでエネルギーはモーターを動かしたりLCDなどに数字を表示をさせる「バッテリー」。これに対して機械式の動力は「ゼンマイ」。
機械式時計をさらに分類すると、手巻きと自動的にゼンマイを巻き上げるローターのついた自動巻き時計があります。

文章だと分かりづらいので表にすると下記のようになります。

表示   発振   動力   エネルギー
●クォーツ時計 アナログ時計 主に針 クォーツ ステッピング
モーター
電池
 
  デジタル時計 LCD
LED表示など
クォーツ 不要 電池
 
  表示   発振   動力   エネルギー
●機械式時計 手巻き時計 主に針 脱新器 ゼンマイ 人力(手動)
自動巻き時計 主に針 脱新器 ゼンマイ ローター
巻き上げ

現在市場に出回ってるほとんどの時計はこのどれかに属します。時計好きの人でも混同している人もいるので、ちょっとした確認に使ってもらえれば幸いです。
しかし、なかにはこの表に当てはまらないきわめて特殊でユニークな方式の時計もあります。例外的な時計の存在についてはまた別の機会に・・・。

時計と歴史カテゴリの最新記事

時計のしくみカテゴリの最新記事

時計の種類カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。