日時計で方位を知る方法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計の祖、日時計を当ブログでご紹介したかとは思いますが、発想を逆転させると日時計で方位を知ることができるのはご存じでしょうか。

正確な時間を知る必要がある現代社会で日時計をメインの時計にすることは難しいのはご承知のとおりかと思います(なにせ分単位ですら分からず、太陽がない夜間は使用もできませんから・・・)。そんな現代社会で日時計を持つとなると、時間を知る術は腕時計や携帯電話などに任せて日時計はアクセサリーとして持つことになると思います。

そしてこういった場合に日時計の特性を利用して方位を知ることができます。日時計の特性とは(北半球では)背面を北に向ける必要があるということ。日時計が正しい時間を指し示す場合、その背面方向は常に(北半球では)北を指すということになります。
131201
つまり、腕時計などで時間を調べて、日時計がその時刻を指し示すようにしてあげると必ずその背面方向は(北半球では)“北”ということになります。日中限定ですが、ちょっとした逆転の発想でこうして日時計は簡易な方位計としても使えることになります。

今だとスマホのGPSでとか、いろいろ便利ツールがあるかとは思いますが、少し空いた時間に日時計を使ってこうして遊んでみるのはいかがでしょう。駅の出口や地名など方角を意識させられる場所は思いのほか街にあふれています。そういったところなどで使ってみると見慣れた街やその風景が少しだけ変わったように思えて面白いのではないでしょうか。

また、日時計に関するほかの記事も用意しております。ご希望の場合は「日時計」カテゴリをご覧下さい。

時計のしくみカテゴリの最新記事

時計の種類カテゴリの最新記事

日時計カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。