スリット円環型日時計の使い方



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日時計の使い方講座! 今回はスリット円環型日時計です。

●スリット円環型日時計

【解説】
半円の文字盤に細い投影棒などの影を落として時間を読み取る方式の日時計。造形的にも魅力的な形をしています。
112901
33283979_o3
【使い方】

  1. 日時計の背を北に向けます(写真参照)。
  2. 季節によって多少異なりますが地面に対して45度ほど傾けます(上図参照)。
  3. 日時計底部の円状の金属面に落ちた影の数字が現在の時刻を表します。

このスリット円環型の日時計は立体的な造形でユニークなタイプの日時計となっており、数字やローマ字型の影で時刻が分かる直感的な所もその特徴となっています。今回使用した写真のモデルは数字で時刻が分かるKP-51となっていますが、ほかにローマ数字のものなどもあります。
弊社通販サイト弊社店舗ではこのほかにもスリット円環型の日時計を取り扱っていますのでよろしければ覗いてみてください。

また、ほかのモデルの解説や日時計に関する記事も用意しております。ご希望の場合は「日時計」カテゴリをご覧下さい。

時計のしくみカテゴリの最新記事

時計の種類カテゴリの最新記事

日時計カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。