壁型日時計の使い方



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日時計の使い方講座! 今回は壁型日時計の使い方をご説明いたします。

●壁型日時計

【解説】
本来は建物の壁などに設置されるための方式の日時計。地表に対して直角に設定して時刻を読み取ります。ヨーロッパの街並みではこの方式の日時計が数多く見られます。美的にもきわめて日時計らしく魅力的な日時計で、街に潤いと知的な演出をしています。
112902

【使い方】

  1. 日時計の背を北に向けます(写真参照)。
  2. 太陽に向かって若干の仰角調整をします。
  3. 現在の時刻にあたる数字に影が落ちます。

基本的に南に向ければいいこの壁型は気軽に日時計を楽しむのに向いている使い勝手のよい日時計となっています。
弊社通販サイト弊社店舗で違うデザインの壁型日時計も扱っておりますのでよろしければ覗いてみてください。

また、ほかのモデルの解説や日時計に関する記事も用意しております。ご希望の場合は「日時計」カテゴリをご覧下さい。

時計のしくみカテゴリの最新記事

時計の種類カテゴリの最新記事

日時計カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。